6.07.2019

水平線が見える空間

2019/6/20(木)

「水平線が見える空間」江村夏樹と4人のパフォーマーによるコンサート
2019年6月20日(木)18時30分開場/19時開演
新大久保 スペースDo  https://www.kkdac.co.jp/do/  
電話 03-3361-2211

北爪道夫:様々な距離II (2006)
アール・ブラウン:3つの曲 (1951) 
フレデリック・ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35 「葬送行進曲つき」 (1839)
江村夏樹:山口誓子の俳句による朗読法 (2008) 女声、ピアノ

(休憩)

江村夏樹:ポップソング集 うた、ピアノ
       追熟の森[詩;白石公子] (2000)
       南へ十二歩の[詩;柴田暦] (2001)
       そら[詩;池澤夏樹] (2019)
オリヴィエ・メシアン:カンテヨジャーヤ (1948)
江村夏樹:恋の歌詠み (2019) 女声、テナー・リコーダー、13絃筝、電子キーボード、PA再生


・・・・・・・・・・

江村夏樹(ピアノ) 板垣あすか(女声) 近藤治夫(テナー・リコーダー)
スコット・ジョーダン(13絃筝) 岡本唯(うた)


さまざまな音楽の成り立ちを1本の線でつなげてみたい。歴史的に見れば、どんな新しい音楽も過去の音楽と何らかのかかわりをもつもので、前衛音楽だってその「もと」はクラシック音楽だったし、ポピュラー音楽だって前衛音楽の影響を受けている。古典的であれサイケデリックであれ、作者の目指すところは固有の美であった点で、どの音楽も共通しています。その「固有の美」というのが、ときに変わった見かけをしていることがあるのを、世の人たちは「むずかしい」と言って敬遠するけど、敬遠したきゃしてればいいでしょう。それは豊かな現実の切れっぱしを見たにすぎない。そういうの損ですよ。いまやどんな商業歌謡も前衛音楽の応用で成り立っているって、ご存知でしたか。こういうからくりの一端をご紹介できればいいと思って企画したこのコンサート、おもしろがれるかどうかは、みなさん次第です。どうぞご高覧のほどを。 

2019年4月21日(日) 江村夏樹



予約 2800円 当日 3300円 学生 500円(当日のみ。学生証をご用意ください。)

チケット予約
◆太鼓堂オンラインチケットサーヴィス http://taikodo.info/HL.html
◆カンフェティ ※現在手続き中です。
taikodo@taikodo.org に直接ご連絡くださってもけっこうです。

協力 三行英登(記録撮影・宣伝映像) 近藤清明(音響・記録録音) 西邨紀子(受付)
主催・制作 太鼓堂 http://taikodo.info/

宣伝ページ http://taikodo.info/HL.html 綺麗なチラシ画像はこちらでご覧下さい。


4.05.2019

あるひ ここに とどく イキ

2019/4/12(金)

A
Asuka J. Dance Project
あるひここにとどくイキ

19:30open
20:00start

会場  七針 http://www.ftftftf.com/
八丁堀駅のA4出口より徒歩3分程。


料金 2,000円

ご予約、お問い合わせ asukaitagaki@gmail.com
FBを通じても承ります。参加予定のクリックをお願い申し上げます!

https://www.facebook.com/events/142396916704308/



一夜かぎりのセッションをどうぞお楽しみください。
会場にて、ドリンク販売あります。持ち込みも可です。
皆様のお越しをお待ちしております***



出演者

中山晃子
画家。色彩と流動の持つエネルギーを用い、様々な素材を反応させることで生きている絵を出現させる。
絶えず変容していく「Alive Painting」シリーズや、その排液を濾過させるプロセスを可視化し定着させる「Still Life」シリーズなど、パフォーマティブな要素の強い絵画は常に生成され続ける。様々なメディウムや色彩が渾然となり、生き生きと変化していく作品は、即興的な詩のようでもある。鑑賞者はこの詩的な風景に、自己や生物、自然などを投影させながら導かれ入り込んでいく。ソロでは音を「透明な絵の具」として扱い、絵を描くことによって空間や感情に触れる。近年では TEDxHaneda、DLECTROCITY ART FESTIVAL (デトロイト) 、Ars Electronica Fes(オーストリア)、Biennale Nemo (パリ) 、LAB30 Media Art Festival (アウグスブルグ) 等に出演。
http://akiko.co.jp/

纐纈雅代
SAX奏者
1歳より音楽好きな母と2人の姉の影響でピアノを弾く。15歳でアルトサックスに転向。チャーリーパーカーの存在に多大なる影響を受ける。2008年9月SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。オリジナリティー溢れるプレイは唯一無二としょうされる。2015年8月、自身のオリジナル曲を集めた1st ALBUM『Band of Eden』をrelease。現在、ソロ活動から様々なバンドまで精力的に活動中。
秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科講師。
http://masayokoketsu.com

板垣あすか
舞踊家、振付家
女子美術短期大学卒業まで同付属中学より8年間美術を学び、その後渡玖。キューバ国立芸術学校舞踊科卒。Tangin Fongに師事。2003年より舞踏家雫境の公演活動に参加。また、和栗由紀夫、東野祥子、大橋可也などの作品へ出演。2012年よりバンド渋さ知らズのダンサーとして活動。ASUKA J.DANCE PROJECT「おわらないダンス」(2013)、「Jinkan」(2017)自主公演。劇団時々自動に1年間在籍。声と身体のパフォーマンスに関心を寄せている。太鼓堂コンサート「性格のある空間」にダンス出演、「遠近法がある空間」では声と打物での参加。
http://asukaitagaki.blogspot.com/